幼児アトピーに関する薬の使用と健康

幼児アトピーに関する薬の使用と健康

子供のアトピー治療について悩む方は沢山います。まず医者選び、そして薬選び、さらに子供の健康管理へと親に悩みは推移していきます。
最初は、近所の病院で受診したらアトピーだったと言われた方が大半でしょう。

 

そのうちもらった薬や効果などに不安が出たりママ友情報で良い皮膚科があるなど聞いて、専門医を探し受診するパターンが多いようです。
皮膚科では保湿剤の他に症状の程度によりステロイド剤を出されることがあります。

 

このステロイド剤を使うと大抵の湿疹や掻き崩しなどは治ってしまうのですが、親としては不安が残ります。
薬で治るのではなく自己回復でなければアトピーが治らないという話を良く聞くからです。バイアグラジェネリック

 

小さい頃からステロイドに頼っていると癖になる、または治らなくなるといった話が都市伝説のようにお母さん方の耳には入ってくるのです。
その結果、子供の状態を置き去りに何が何でも薬を使わない親も出てきます。

 

子供がお風呂上り、痒がって泣きながら体中を掻きむしって訴えても保湿剤さえ塗ろうとしない親もいます。
結果、掻き崩してあちこちから血が出て、最悪飛び火など併発してしまうパターンは少なくありません。

 

ステロイド剤を使うと副作用としては肌が黒ずんで染みになったりすることがあります。
顔などに使うにはやはり抵抗があります。しかしだからといって子供が痒がるのに「薬に頼らず治そう」と処置しないでいると掻き崩して逆効果になります。

 

小さい子供は体力や免疫がまだ弱いので自己回復での完治は困難でしょう。
薬を使わずに治すよりも、薬に頼ってその都度回復する癖をつけることも大切です。

 

いつも痒いのではなく、肌が落ち着く期間を作ってあげる。そしてまた痒くなってきたら短期間ステロイドに頼ってすぐ治してあげることが大切です。

 

小さな子供がいつも痒がるということは、後々の精神状態に影響を及ぼします。
イライラ・ストレス・癇癪・落ち着きがないなど、本来背負わさなくても良いものを子供に背負せてしまします。

 

子供も大きくなってくると体力も免疫力も強くなってきます。重度のアトピーでない限りはやがて症状がおさまってきます。
幼児や低学年のうちは焦らずに薬を併用しつつ、健康面(栄養・運動)など親がきちんと把握しながらアトピーと付き合っていくことをお薦めします。ピル値段

 

症状の出方、頻度、回復パターンを見ながら薬と付き合っていくことは可能なのです。
また、わからないことは素直に専門医に聞いて、確かな情報を得て行動することが大切でしょう。

最近は医学が発達したこともあり、健康は薬で維持できると誤解している人が少なくないように思います。
薬はあくまで弱った体を側面から援助するものです。薬が中心になって健康を維持するものではありません。

 

このことを誤解してはいけないと思います。  
ヒトの体は免疫によって健康体が維持されています。

 

外から入ってくる菌や体内で起きる変異に対して白血球など体の免疫を維持する物質が猛烈に戦っているわけです。
一般的に免疫力が高まったとか免疫力が落ちたなどと言っています。

 

しかしこの免疫力が弱った時に、外部などから菌が体内に入るとヒトの体は病原菌に冒されてしまいます。  
この時は止むを得ませんから薬を飲むわけです。薬は免疫力が早く回復するように支援してくれます。ピル通販

 

インフルエンザの時はタミフルなどを一定期間飲むことにより、ヒトの免疫力を回復することができます。
タミフルがインフルエンザを退治するのではなく、最終的に免疫力が回復して体力も回復するのです。  

 

それでは免疫力を高めるにはどうしたらいいのだろうと言う話になります。
免疫力と強い結びつきがあるのが、体温です。ヒトの体温は個人によって違います。

 

高い目の人も、低い目の人もあります。同じヒトでも朝、昼、晩では体温に差が出ます。
朝低く、午後に高くなり、夜にはやや下がると言うのが私自身の統計の結果です。  

 

新聞等でも読まれることがあろうかと思いますが、体温が1℃上がると免疫力は極めて高まります。
常日頃風邪を引きやすい、疲れやすいなどの体質の人は体温を上げる努力をするべきです。

 

運動や入浴によっても体温は上昇しますが、その効果は短時間で終わります。
継続的に体温を上げるには薬の手を借りるるのが一番です。プロペシアジェネリック  

 

私は漢方薬を飲むことで体温を上げています。どのくらい上がったかの測定は出来ませんが結果は出ています。
毎年3回、4回ほど風邪で熱を出して医者通いをしていましたが、飲み始めて1年経ちますが熱が出ません。

 

薬のおかげで体温が上がり免疫力が強化された結果だと思います。

私たちの体はいつも満足に活動しているとは限らず、時には活動が鈍くなる場合があります。
頭が痛くなってしまったり、お腹が痛くなる時があります。

 

こんな場合は自己診断をして病名を決め、それに合った薬を飲む事が一般的です。
頭が痛く熱があれば自己診断をして風邪と決め、そして風邪薬を飲みます。

 

ですがこれはある意味とても危険な行為だと言えます。
何の病気かと言う事は簡単に決められることではなく、医学の知識がない者が自己診断をして何の病気かを決めつけるのは良くない事なのです。

 

症状が同じでも、違う病気はたくさんあります。
風邪だと思って風邪薬を飲み続けても、風邪でなければ風邪が良くなることはないのです。レビトラジェネリック

 

それどころか風邪薬を飲んだことでかえって病気を重くしてしまい、取り返しの使い状況に追い込んでしまう恐れもあるのです。
ですから体に変調を来した時は、自己診断をせずに医療機関を受診した方が賢明と言えます。

 

生兵法はケガの元と言う言葉がある様に、医学の知識がない人はなまじ自己診断などしないのが身のためです。
また一病息災と言う言葉があります。

 

これは病気を持っている人の方が医療機関を良く訪れますので、様々な病気を早期に発見する事が出来、それで長生きできるという事です。
なまじ健康ですと医療機関を全く訪れる事がないので、病気の発見が遅れてしまう事が多いのです。

 

学生さんや会社員の方は健康診断を受ける事が多いので良いのですが、主婦の方や無職の方は健康診断を受ける機会がないので、
病気の発見が遅れる事があります。

 

ですからそのような方は自治体が行う定期検診を積極的に受けて、病気を早期に発見する努力が必要だと言えます。
勿論健康診断を定期的に受けている人も、定期検診を受けた方が良いと言えます。

 

そうすればガンなどの難病を早期に発見する事が出来、大事に至らずに済むのです。
私たち人間は何かが起こらないと行動しない事が多いです。

 

私達が食べ物を食べるために欠かせない歯も、痛くならなければ歯医者さんに行かない事が多いです。
ですが痛くなってから歯医者さんに行ったのでは、治療に時間が掛かってしまう事が多いです。更年期障害の薬

 

ですから歯が痛くなくても、歯の健康診断だと思って、歯医者さんには行った方が良いのです。
病気は予防が何よりも大事ですから、日ごろから医療機関に行く習慣をつけておいた方が良いのです。

私の祖母のお話です。私の祖母はもう80歳をゆうに超え、それでも寝たきりや、老人ホームにも行かないで元気で家におります。
ほぼ毎日と言っていいほど趣味のゲートボールに行き、友達と元気に毎日を楽しんでいます。

 

ゲートボール仲間とはほぼ毎日家でもお茶をかわし、話に花を咲かせています。
昔の話だけでなく、本当に今をを楽しんでいる様子で、今いる仲間のちょうど同じく孫の話や、今の街の様子、そして将来こうなたっらいいという展望まで。

 

そのように老後を本当に楽しんでいることが見て取れ孫の私も嬉しくなります。
さて、そんな「健康」いっぱいで「医療」が必要ないと思われる祖母にも1つだけ、病気を持っており、継続的にお医者さんのアドバイスをもらっています。足のむくみ解消法

 

そう、その病気は結構遺伝するもので曽祖父もその病気でした。家系というものでしょうか。
祖母もその病気になってしまいました。その病気は糖尿病です。糖尿病それは甘いものを食べすぎてなる、本当にその通りです。

 

私の祖母は本当に甘いものが好きで事あるごとに家族の目を盗んで甘いものを食べています。
食べ物が減ればそれは気づくわけです。

 

医師からも食生活の面で朝昼晩と食べるものを制限されています。食事制限と糖尿病の薬のインスリン。
それが祖母を縛るものでした。

 

しかし、この糖尿病一度なってしまうとほぼ治らない病気です。その後はもう、我慢するしかないのです。
普段は元気な祖母を薬や食事制限は生活を縛っています。

 

その反動で甘いものを隠れて食べるようになった祖母。家族としては対処が難しいです。
祖母の長生きを考えれば当然職制限や、薬を決まった時間、決まった量とってほしいわけですが、祖母は言います。

 

「もうどうせ何年も生きらんないから、今だけ贅沢させてくれ。
昔はこんな幸せなもの食べれなかったんだから。」そう、戦争の時代を少なからず生きた祖母にとってはこのささやかな幸せが今あるのです。

 

それを私たち家族が祖母のためといって、薬や食事制限を強要するのは家族のエゴなのでしょうか。
でも、我々家族にとってどんな憎まれ口をたたく祖母でもやっぱり大切な家族なのです。白内障目薬can-c

 

だからこそ医師と相談し、この食事制限と薬、甘いものと健康の兼ね合いを見ながらみんなが幸せになれるバランスを探していきたいと思っています。
家族みんなが幸せになれる道を見つけたいと思います。

人間には自然治癒力がありますから、少々のことなら自分の身体の力で治すことが出来ますし、そうしたいものです。
でも、高い熱が出たり、我慢できない程の痛みがあるような場合は、医師の診察と治療を受けることが必要でしょう。

 

ここでも、良い医師に巡り合うことが大切で、薬にしても患者の症状に合ったものを出し、2,3日してまた様子を見て、
良くなっていたら軽い薬にしていくといったようにしていってくれるのがベストだと思います。

 

ただの風邪でも、初めは熱が高く、喉の腫れなども酷い場合は抗生剤が必要でしょうが、あとは咳や鼻水だけになったら、
薬を貰いに行くだけでなく、抗生剤が要るかどうか、診断をしてもらった方が良いでしょう。

 

また、今はアトピー性皮膚炎の人が多いですが、これもステロイド剤を使う場合は、2週間毎に皮膚の状態を見て、
改善していたらステロイド剤のランクを下げる先生が良いと思います。

 

また、抗アレルギー剤も飲んでいる場合は、毎日飲み続ける物ですから、3ケ月毎くらいに血液検査をしてくれる病院が安心です。
肝臓などを傷めてしまうことがあるので、そういった場合薬を替えるか一旦止めるかしないと、健康を損ねてしまうからです。偏頭痛薬

 

日頃から健康的な生活を目指し、栄養のバランスの取れた食事や良質な睡眠、適度な運動、
ストレスを上手に発散するといったことを出来るだけしたいものです。

 

でも、人間ですから、色々な病気や症状が出ることがあります。
そんな時はコミュニケーションの取れる医師の元へ行くのが一番良いと思います。

 

中には病院が混んでいて、患者の話より自分の医師としての経験から判断して、薬を出して終わり、という医師もいます。

 

これがちょっとした風邪でも、患者からしたら心配なのに、もっと深刻な症状や、
その他例えば腹痛があるが、これは胃腸の病気ではなくメンタル的なことが原因のような気がする、
といったような場合、医師は患者の話をよく聞かないと診断が付かないと思います。

 

話を聞いたら、それは精神的なものだから薬は要りませんよ、ということだってあるはずです。
実際私の長男は幼稚園の頃、私以外の大人と出かけると、途中から嘔吐が止まらないという時期がありました。

 

あまり嘔吐をするので小児科に行きましたが、先生は「弟が生まれた所為でしょう。
胃腸薬を出しますが、これを飲んでも治らなかったら、やはり弟の存在が原因ですよ。薬は止めて弟が寝ている間に、
抱いたりおっぱいをあげたりしてごらんなさい」と仰いました。

 

そして、長男を抱いたりしたら、嘔吐もなくなりました。こういった場合は薬は要らない訳です。
このように経験から患者の状態を見抜ける医師に巡り合えると、幸せだと思います。